sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、包茎手術&長茎術、ゲイ

包茎手術・長茎術その4 術後3日間(12/2 - 4)

 

12/2(土)

 

 朝5時前にズキズキとした痛みで目が覚めました。眠たいことは眠たいものの、このままでは痛みで寝付けないと思い、起き出して痛み止めを飲みます。しばらくすると痛みが落ち着いて眠れました。手術疲れもあって10時頃に目覚めました。

 

 基本は家で座ったまま大人しくしていました。昨晩のうちにコンビニで2日分の食料を買いだめしておいたので、お昼にはそれらを食べました。午後に再び痛み止めを飲みます。

 

 風呂には入らず、濡れふきんで体を拭き、痛み止めを飲んで就寝。

 

12/3(日)

 

 また朝方の眠りが浅くなった瞬間に痛みで目覚めました。痛み止めを飲んで二度寝。ここで飲み薬タイプの痛み止めが底を尽きました。午後から再び鈍い痛みが復活してきましたが、耐えられないほどではないので我慢。

 

 とにかく、立ったり座ったりで痛むので、周囲から見たらお年寄りのような動作になっていたと思います。家族からは特に何も言われませんでしたが…。

 

 今日も風呂には入りませんでしたが、3日も髪を洗っていないのはさすがに翌日の仕事に響くので、シャワーに上半身を乗り出して洗髪だけしました。また、寝不足も困るので、寝る直前に座薬タイプの痛み止めを投入しました。

 

12/4(月)

 

 出勤時に自転車に乗ろうとしましたが、股間への負担が大きく断念。徒歩についてははさほど痛みもなく過ごせます。仕事にはあまり身が入ってなかったと思います。できるだけ座っていました。

 

 この日から全身シャワーが解禁になり、腰の包帯とテーピングを剥がしました。昨日の記事では書き忘れていましたが、竿そのものも細いテープで固定されていて、それをシャワーで濡らしながら剥がしました。傷ついた息子の姿に心も痛みます。ゴシゴシ洗いは無理ですが、全身にシャワーも浴び、洗髪も楽にできてサッパリしました。

 

 ここで問題が起きました。腰のテーピング跡が赤く腫れて痒い!元々夏場にベルト周りがかぶれることがあり、その症状がここに出た感じです。X状に腫れた部分にムヒを塗ってごまかしました。

 

 それから短い包帯を巻き付けて根元を固定します。ここまで来ると安静時にはほとんど痛みがなくなりましたので、痛み止めは使わずに就寝しました。