sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


冗談はよしこちゃん

  8月に申し込んでいたてれびくんのDVD「ビビルゲイツ」が届きました。ジオウ終了から1ヶ月も経っていないのですが、すでに彼らが懐かしい。演者さんたちも半分バラエティのノリで楽しそうでした。ゲイツ好きの自分には嬉しい作品です。

 

www.sage0121.com

 

 

ウルトラマンタイガ「第12話 それでも宇宙は夢を見る」

 

 珍しくカナさんに怒られるホマレ先輩。やたら魔法に噛み付いてましたが、そういう自分も宇宙人なのにねぇ。

 

 変身できなくなるというピンチパターンでしたが、ゲストの魔法で窮地を脱するという展開で、30分番組だとけっこうバタバタしているうちに復活してしまった感じでした。アレもトレギアがゼラン星人を焚きつけてそういう方向に持って行ったんでしょうか…。

 

 次回はコメディ調らしいので楽しみにしています。

 

仮面ライダーゼロワン「第4話 バスガイドは見た!アンナ真実 」

 

 設定的に語られていた大災害・デイブレイクについて掘り下げる回でした。滅亡迅雷の本拠地でもあり、若かりし頃の不破もその渦中でヒューマギアに襲われた経験があるという、因縁浅からぬ被災地を調査するというもの。 

 

 今回のバスガイドロボット・アンナもそうですが、「ガイドの為に真実を掘り下げて情報を更新したい」とは機械的な言い方ですが、その実かなり人間臭いんですよね、ヒューマギアは。それに対して滅亡迅雷のターゲットにされたのはバスの運転手の方。迅も戦えれば何でも良くて、「友達作り」がちょっといい加減になってきた印象があります。

 

 「隠し事はしない!」と不破の前でゼロワンに変身し、判明した事実を即座に公表するという形で、或人と不破の距離が少しだけ近づいたようです。一連の行動は、ゲストの中学生の父であり、飛電の殉職した社員の名誉回復の為でもあったわけですが。

 

 本当に嫌いな相手の冗談は笑えないと言われますが、不破は或人のギャグでめちゃくちゃ笑いそうになってるんですよね。アレがちょっと可愛いです。

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー「第27話 天下無双の拳」

 

  カンガルー型の騎士竜・パキガルーを味方につけるという回ですが、カンガルーは竜じゃないだろうとか、そうは言っても既にマンモスやらサーベルタイガーやらおるしとか。でも騎士竜は恐竜時代からの存在なんですよね???新しい種が現れる度に新しい騎士竜が誕生するのか、はたまた進化の歴史を先取りした騎士竜が古代から存在してるのか。

 

 細けぇことはいいんだよ、リュウソウジャーは。

 

 今回は硬軟入り混じってツッコミどころ満載の回でしたが、町中のマンホールを開けた先に数百メートルはゆうにある縦型の自然洞窟があるの怖すぎるでしょ…。

 

 パキガルーの子供・チビガルーを縦穴から救助するまではコウでしたが、そこからパキガルーの元へ送り届けたのはメルト。それで強化を貰ったのもメルトという流れで、うーん…あそこでコウを行かせたのは何だったんだ?と思わなくも。

 

 レッドがリーダーだろ?と尋ねるナダに対し、コウの口から「リーダーとかなくて俺たちは仲間」という発言がありました。確かに3ナイツの状態では明確なリーダーはなく、緑黒兄弟やカナロも別行動が多いので、コウとしては本当にリーダーの自覚がないんでしょう。が、アレはメタ的なちびっ子へのメッセージだったのかもしれませんね。

 

 パキガルーはカンガルー型ということで、基本的なバトルスタイルはボクシング。巨大戦では鉄塔と高圧線でリングを作り、ボクシング風のバトルと、関智一さんのリングアナウンスというコミカルな演出。戦隊って時々こういう事するね。

 

 その舌の根も乾かぬうちに、同じ関智一ボイスのガイソーグとガチレウスの密談。もう半年過ぎているし、そろそろガイソーグの種明かしも来て欲しいところですが。ナダが関係してるんじゃないかという疑惑が付き纏います。

 

 そして、カナロはまた振られる。バンバ兄さんが貴重な冗談で励ましてくれました。

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー 騎士竜シリーズ10 DXパキガルー
 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村