sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


ドラクエウォーク DQ4イベント傾向と対策

 11月下旬から開始されたドラクエ4イベントも残すところ一週間となり、全ての要素が解禁されてそれらをどれほど回収できるかという状況になっています。

 

 

ガンガンいこうぜ」が修正された!

 

 サービス開始当初のオートバトルでは「敵に止めを刺す事を最優先にする」というプログラムがされていました。

 

 それで何が起こるかというと、4体出現している敵に対し「仲間の4人が薄く広く全体攻撃を行って全滅させる」という戦法を取らず、1体を単体攻撃で倒して3体残り、結果的に余計にダメージを受けてしまうという状況が多々発生していました。

 

 4イベント開始前のアップデートで「ガンガンいこうぜ」の行動パターンが「総ダメージ優先」という判定になり、敵の残機が多い状態では全体攻撃を優先するようになりました。

 

 今思えば、この修正は必殺技が単体攻撃の「天空のつるぎ」実装前の布石だったんですね…。逆にこの仕様変更で今まで評価の低かった武器が見直されるなど、ルール変更がプレイ環境に直結するネットゲーム・ソーシャルゲームの何たるかを実感させられました。

 

パーティきりかえが実装された!

 

 メガモンスターや試練の扉、4イベントから実装された街中に配置される強敵、そして普段のレベル上げと、やる事が増えたことで職業や装備を細かく切り替える場面が多くなり、付け替えの手間や転職演出の長さなどにストレスを感じるようになりました。

 

 4イベントの最中という謎のタイミングではありましたが、職業・装備・心・心珠の配置の仲間全員分を記録して切り替えられる「パーティきりかえ」が実装されました。

 

 育成中の低レベルパーティでは倒せない強敵を諦めようと思っていましたが、この機能の実装で既に育ちあがっていた高レベルの職業に都度切り替えてクリアすることができました。こいつは有難かったぜ。

 

ドラクエ4イベントの新要素

 

 ドラクエ4は仲間のキャラクター性が強いことでインパクトを残した作品だけに、当時の仲間と共闘するという要素が足されました。

 

助っ人

 

 ミネア・アリーナ・ライアンなどの仲間から、敵のボスでありながら恋愛エピソードを持つ人気キャラのピサロまで、6人の中から「助っ人」を選んで共闘できるようになりました。

 

 助っ人はナンバリング作品のNPCに近い特徴を持ち、いくら攻撃を受けても死なず、プレイヤーキャラが全滅しない限りは毎ターン攻撃や回復を行ってくれます。

 

 マーニャトルネコは独自の特徴を持っていましたが、基本的には後述する「強敵」への対抗策を各々の助っ人が持っているという立ち位置に居ます。

 

強敵

 

 街中の至る所に「強敵」のシンボルが登場し、従来からある「こころチャンス」のモンスターと同様に近づくと戦闘が行えます。

 

 強敵は倒すごとにレベルが上がり、最終的に高レベルのパーティでも倒すのに骨が折れる圧倒的な強さを有するようになります。最高レベルの強敵を倒すことが第一の目標です。

 

 また、強敵のレベルは任意の数値まで下げることもでき、討伐数を延ばすことで得られるポイント報酬がある為「数多く倒す」ことも第二の目標となっています。その過程で中々の強さを持つ「こころ」をドロップする可能性もあるので一石二鳥です。

 

 これは、レベルを上げきったプレイヤーも最近始めたばかりのプレイヤーも楽しむことができ、街中を歩くことに意味が生まれる為、かなり良いシステムではないかと思います。

 

メガモンスター

 

 キングレオデスピサロ・究極エビルプリーストの3体が約10日ごとのペースで解禁されていきました。3体とも強い「こころ」をドロップする為、討伐数を伸ばそうと躍起になるプレイヤーが続出している模様です。

 

クリスマスメダル

 

 同時開催でクリスマスにちなんだ景品が貰える専用メダルの収集イベントが行われました。メダルの入手方法は過去のイベントと同様に、バトル・回復ポイント・家の訪問です。

 

セージの達成状況

 

 強敵の最高レベル・討伐ポイントは今日時点で全て達成。こころも試行回数の多さから3体ともSランクを入手しました。

 

 ギガデーモンはやたら引きが良く直接ドロップでSが4個揃ってしまい、アンドレアルはポイント達成後もドロップに恵まれずレベル1を倒しまくって合成でSを1個作成、ヘルバトラーはその反省を活かして「1ターンで倒しきれる」レベルを数多く倒すという作戦でポイント達成とほぼ同時に合成でSを1個作成しました。

 

 キングレオは直接ドロップでA、究極エビルプリーストは合成でAが現状。しかし、デスピサロは運良く直接ドロップのSを入手できました。

 

メガモンスターにこそジェムに使うべきという考え方

 

 現状、ゲーム内通貨のゴールドで1日1枚買える「とうばつ手形」で戦っています。イベント前に所持数マックスの5枚を貯めておいたため、キングレオデスピサロ共に1日2~3戦のペースで戦い、早々に10体を倒すミッションを達成して終わりにしました。

 

 究極エビルプリーストはこころの優秀さもあり試行回数を増やしたい願望はありますが、これ以上は100ジェム(現実の100円相当)で購入できる「特別とうばつ手形」に手を付ける必要があります。

 

 ただ、ジェムはガチャに使わず、「特別とうばつ手形」を買ったほうが有用という考え方もあります。

 

 当たるかも分からないガチャ1回が300ジェムに対し、同じ額でメガモンを3戦できます。しかも勝利報酬は多額のゴールドや世界樹の葉など有用なものが多く、こころでステータス強化も図れる…と、ガチャよりも確実な戦力アップが見込めるからです。

 

 この考え方に同調し、あと一週間でエビプリさんを狩りまくるべきか…悩ましいところです。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村