sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


絵馬に願ひを

ブレイブリーデフォルトの話題で少し触れましたが、以前からRevoというミュージシャンが好きでして、彼の新作である「絵馬に願ひを(Prologue Edition)」が昨日リリースされました。

 

www.sage0121.com

 

Revoさん(Sound Hroizon・Linked Hroizonなどのグループ名義を持ちます)の作品の魅力は、変態的とも言えるサウンドへのこだわりもさることながら、かなり濃い物語性にもあります。

 

一部のライトな曲を聴くとアニメのキャラクターソングのようでもありますが、扱うテーマが重めであることもあって、大人向け(少なくとも中高生以上でないと難しいと思われます)のファンタジーといったところです。

 

近年は進撃の巨人セーラームーンブレイブリーデフォルトなどのコラボ案件が多く、難解さや人間の負の感情といったものとは無縁の、アニメ的な明るい楽曲が主になっていました。

 

オリジナル作品についても「愛」や「救い」の多い作風に寄ってきたかと思っていましたが、新作の「絵馬に願ひを」については、初期作品のようなダークな雰囲気が漂っています。

 

今回はBlu-rayメディアでのリリースで、映像の導入と共にゲームのような選択肢でストーリーが分岐していくという体裁を取っています。これはこれで面白いですが、楽曲に集中したいのでCDや音楽データで聞きたいなという気持ちも強いです。

 

Prologue Editionでは曲のけっこういい所で「Full Edition(発売日未定)に続く」となっていてヤキモキさせられますが、体験版Blu-rayで遊びを入れつつ、完全版はCDでじっくり曲が聞けるという体制が理想的なのかなと思います。

 

が、Revo氏がどう仕掛けてくるかは未知数です。

 

ちなみに、3月にはRevo氏がプロデュースするブレイブリーデフォルト2のサウンドトラックもリリースされますので、ファンとしては上半期は濃ゆい時間を過ごせそうです。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村