sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


渡る世間はお…

「渡る世間」に続く本来の言葉は「~に鬼はなし」なので、「~は」と繋げてしまうと例の名作ドラマのことになってしまうのですが…。

 

www.sage0121.com

 

 

仮面ライダーセイバー「第35章 そして私は、神になる。」

 

マスターロゴスの企み通りに聖剣とライドブックが揃い、全知全能の書が復活。マスターの手に渡ってしまうも賢人が未来視した世界崩壊は免れ、ルナも無事に飛羽真の元に戻りました。ユーリほか聖剣とライドブックも持ち主の元に戻りました。

 

年末にもあった「1話に詰め込み過ぎの回」、あれだけウダウダ言ってた賢人があっさり聖剣を奪われてここまで封印した聖剣もなかったことになっていたのはあまりにも酷いし、伶花が地道に聖剣やライドブックを集めていたのは何だったのか。

 

しばらく変身者が絞られていましたが、次回からはまた多人数ライダーの体制に戻るようです。

 

色々とツッコミどころはありますが疲れましたので、蓮についてだけ。デザストにごはん(カップ麺)を与えている蓮がなんか可愛かったです。セリフ上だけで「前より強くなった」らしいのですが、その様子はまたスピンオフでしょうか?賢人くんのこともまだ忘れられてないみたいですね。

 

機界戦隊ゼンカイジャー「第11カイ! 渡る世間は鬼ごっこかい?!」

 

タイトルよ。「かい?!」でいいんだったらもう何でもいいような気が。

 

オニゴッコワルドによって、地球全体(という設定のようですが、実際は介人たちの町内レベル)で地獄の鬼ごっこが始まるというお話。タッチされた人は鬼になりますが、鬼の役目は終わらないので、むしろゾンビに近いような。

 

ただ、本当に鬼ごっこをやってるだけな上、ブルーンやマジーヌは鬼役をやらされながらも自我は保てていたので、具体的に鬼になってしまうと何が悪いのかが不明なまま勝利してしまいました。野暮なことは言いっこなしがゼンカイジャーなのかもしれませんが。

 

今回は海賊妹フリントの、不注意で呪いをかけられてしまった双子弟たちへの思いが語られつつ、介人と少し打ち解け、戦隊ギアを元にツーカイザー用の新ギアを開発と活躍していました。一目見ただけで模倣できるって有能過ぎませんか…。

 

妹を心配して、謎の大盛り海鮮丼を作るゾックスの優しい一面なども。

 

ごっこの話なので仕方ないのですが、変身前も変身後も巨大戦も常にバタバタしていて賑やかな印象でした。今回はステイシー未登場でしたが、関わらなくて正解だったかもしれません。

 

仮面ライダーセイバー エモーショナルドラゴン

仮面ライダーセイバー エモーショナルドラゴン

  • 発売日: 2020/12/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村