sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


観ていたアニメ

普段は特撮の話ばかりしていますが、わずかながらアニメ番組も観ています。

 

とはいえ放送される作品数が膨大なので、続編ものや流行作品に偏りがちですね。ときどきハーレムアニメの男子キャラクターがゲイ界で大バズリすることがありますが、そこら辺にはあまりついていけていません。

 

ダイの大冒険

 

ドラクエ好きであり、まさに直撃世代ですので、新装版のアニメも毎週楽しみに観ていました。同世代や原作ファンの評判も上々で(おもちゃの売り上げは伸び悩んでいるようですが)近年まれな、幸せなリバイバル作品に仕上がっています。

 

そんなダイも東映アニメーションへのサイバー攻撃の影響で放送休止となってしまいました。何週も放送できないというのは、データ化された作品のファイルがことごとく破壊されたということなのでしょうか?何とも痛ましいことです。

 

同じ被害でワンピース・デジモンプリキュアも休止状態となっており、ここら辺のアニメはおもちゃとの絡みもあるので被害の程は想像を絶するものがあります。

 

鬼滅・進撃

 

無限列車編の映画鑑賞の後、なんだかんだで以前のテレビシリーズが全て再放送され、アニメ化されている話は全て視聴できました。鼓屋敷編が飛んでいましたが、善逸や伊之助との出会いのエピソードだったので重要ですね。

 

遊郭編もとても楽しめました。アクションの「ド派手さ」の秀逸さに比べてストーリーがシンプルで、難しく考えなくても楽しめるというのは良いですね。

 

長期に渡ってメディア戦略に組み込まれていた煉獄さんがようやく解放され、宇髄天元がアイコンとして活躍する機会が増えています。イケメンマッチョなのでゲイ人気があるらしいですが、僕的にはそこまでという感じです。

 

進撃の巨人は原作漫画を読んでいないのでアニメで最後まで追うつもりですが、基本的な謎が明かされた後の消化試合のようになっているのでちょっと間延びしているのと、主題歌からRevoさんが外されているのがちょっと不満です。

 

からかい上手の高木さん

 

実は一期から欠かさず観ているアニメです。ジャンルとしては高木さんがメインの美少女ラブコメなのかな?と思うのですが、彼女にからかわれる西方のリアクションがいちいち可愛いのでゲイにもおすすめの作品です。

 

ピュアな中学生の恋愛模様に、3バカ女子のギャグパートが挟まるなど、学園漫画として正統派で飽きず、いちいちノスタルジーを刺激してくるアニメ高木さんの名曲カバーエンディングも秀逸です。でも時代が進みに進んでセカオワになってしまっているので、おじさんがついていけなくなりつつあります。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村