sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


同性婚の話題がホット

違憲裁判が起きており、同性婚の話題がホットですね。僕なりの思いや感想を書いておきたいと思います。

 

 

なぜ同性婚に必死なのか

 

同性婚のニュースになるとなぜか「相続が…」などとお金の話が先に上がり、違憲裁判についても請求額ばかりがクローズアップされてマジョリティから「金目的かよ」と言われて話が終わってしまうのが非常に残念です。

 

同居している家やら一緒に生活して溜めたお金やらの金銭にまつわる部分も結婚の重要なメリットではありますが、それ以前の日々の生活についても同性カップルは何かと不利益が多いのです。

 

代表的なのは病院の面会で、男女であれば夫婦はもちろん内縁関係でも「家族」と認められるのですが、同性カップルは何年一緒に暮らしていようが「家族ではない」ので、危篤状態の面会が認められないんです。

 

生涯のパートナーの死に目に会えないというのは、これだけでも改善を願いたいところです。

 

また、一緒に暮らす物件が借りにくいという話もよく聞きます。ここら辺は渋谷など都会でパートナーシップ制度を導入しているところはスムーズらしいのですが、田舎の不動産屋だと嫌なことを言われたりということも多いんですね。

 

裁判を起こしている人には正直ありがたいと思う

 

実のところ、LGBT系の活動家は主張が極端だったり言い方が攻撃的だったりで、かえってセクシャルマイノリティに対する誤解や分断を招いているのでは?と思うことが多いのであまり好きではなかったりします。

 

ただ、同性婚に関しての司法・行政への訴えかけについては、自分はやる余裕がないこともあって、やってくれることについては正直ありがたいという気持ちがあります。

 

僕は現状、異性とも同性とも結婚していないのですが、将来そういう相手に巡り合うかもわからないですからね。

 

同性婚のデメリット

 

政権与党を中心に「同性婚を認める=出生率が下がる」というトンデモ理論をおくびもなく言い放つ議員が見られます。同性愛者が異性愛者の結婚や出産を邪魔するわけではないですよね。

 

それとも同性愛者も我慢して好きでもない異性と子供を設けろとでも言いたいのでしょうか?それこそ「産む機械」の発想だと思うんですけど。

 

現在の少子化は(親が負担する)教育コストが重く、せっかく子供を望んでいる夫婦も全く産まない・1人以上産まないなどの消極的な人生設計を選ばざるを得ない社会情勢だからで、これは現状ブーブー同性愛者を叩いている議員さんが今すぐ解決できる案件です。

 

また、同性婚を悪用して外国人が日本国籍を取ろうとするという話もありますが、そういう悪知恵を働かせる人間は、今も好きでもない日本人と結婚しているのではないでしょうか。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村