sageてからのageて

開業、特撮、投資、節約、ガジェット、クレジットカード、ゲーム、ゲイ


リバイスタート!

バイスが始まり滑り出し好調な1話でしたが「ゼロワンも1話は良かったんだけどね…」というボヤキがあまりに多くて「ゼロワン」がトレンド入りするという異常事態が。

 

必要以上に前作・前々作を下げることはありませんが、2作連続で年明けの中だるみが気になった視聴者が多いのも事実(僕自身も先々週の記事で書いたと思います)リバイスにはこの良い雰囲気のまま突っ走ってもらいたいです。

 

www.sage0121.com

 

 

ウルトラマントリガー「第7話 インター・ユニバース」

 

ウルトラマンZとハルキがゲスト出演!来週も引き続き登場するようです。久々にZ様の怪しい日本語が聞けてウルトラ面白かったです。

 

客演があるからなのか普段よりも湿っぽい感じがなく普通に面白かったのが何とも。闇の巨人は前回のヒュドラムの大敗から地続きになりながらもコメディ調のやり取りをするに留まっており、今週がバロッサ・来週はダダと宇宙人の話が続くようです。

 

ケンゴとハルキのダブルウザいに囲まれたアキトでしたが、ケンゴにもハルキにも能力を褒められてまんざらでもなさそうでした。実際に並行世界の未知のテクノロジーを一瞬で見抜いたばかりか、ウルトラマンの変身アイテムまで改造・修理できるのはブルマ並の万能さです。

 

特筆事項として、ケンゴがウルトラマンを重責だと考えているのに対して、ハルキは特にそうは思っていないという対比が描かれていました。トリガーには意思がなく最初からケンゴと一体化したのに対し、Zは日常的にハルキとコミュニケーションをとれる相棒なのも大きな違いでしょう。

 

ケンゴにとっての相棒はアキトではないか、というハルキのアドバイスも「トリガー」という作品にとって良いおみやげになってくれそうです。

 

イグニスがナースデッセイ号に顔パス入船するのは完全に容認された模様。トレジャーハンターとして海賊のバロッサ星人をさんざんディスってたイグニスでしたが、ゴウカイジャーで完全に海賊をやってたのを知っている身としてはどの口が…という思いも。

 

仮面ライダーバイス「第1話 家族!契約!悪魔ささやく!」

 

大量のレギュラー登場人物と、正義の組織フェニックス・悪の組織デッドマンズ、主人公の初変身と初陣…ともすれば週またぎでやりそうな要素をうまくまとめてテンポ良く進んだ1話でした。あるいは「細けぇことは後だ後」という感じでしょうか?

 

  • 一輝は家業を継ぐためにサッカー選手の夢を諦めている
  • バイスは外部から取り憑いたのではなく、一輝の「中」にある悪魔
  • 一輝が死ぬとバイスも消えてしまう

 

このあたりの情報が重要そうです。

 

フェニックスやデッドマンズが所有するスタンプを押すことで悪魔を実体化でき、バイスも一時期はそれで実体化を果たしましたが、一輝がベルトを装着して変身したタイミングで再び一輝と一心同体の霊体に戻ってしまいました。

 

普通だとバイスは実体化を目指してあの手この手で策を弄するのではと思うのですが、本能的・陽気でそこまでの悪だくみをするようなキャラじゃない(もしくはそこまで頭が良くない)っぽいのがどっちに転ぶやらという感じ。案外ライダーになるのも気に入ってそうなんですよね。

 

それでそれで、お楽しみの銭湯シーンは一輝と大二の兄弟入浴がさっそく実現!大二役の日向くんがまだ高校生だからなのか、2人とも濁り湯に肩まで浸かっているガードの固い感じでした。予告では薄暗い空間に上裸というセクシー一輝も見られたので、何かと「脱ぐ」番組ではないかという期待感があります。

 

機界戦隊ゼンカイジャー「第26カイ! 改造王子と闇の外科医!」

 

闇の外科医とかいうからめちゃくちゃ不穏でしたが、前回のラストでコールドスリープを解かれた介人母、単にステイシーへの輸血の為だったとのこと。イジルデとしても介人の両親の知識は役立つようで殺すつもりはないようです。

 

いや、主人公の両親が敵の体に取り込まれて取り返しがつかなくなるというとんでもない鬱展開をぶつけてきた戦隊があったんですよ…ゴーバスターズっていうんですけどね…。

 

介人がなんと労働をしているシーンから物語がスタート!カラフルはオフィスの置き菓子を配達する事業も展開してるようです。店内でも駄菓子以外に物販やフードメニューも扱ってるので手広くやっているとは思ってましたが。

 

ステイシーとの対決や両親がらみなど、介人にとっては心が弱る展開が多かった今週ですが、普段はワーワー騒いで余裕の介人がたまに参っているのを見るとちょっと興奮してしまいますね。すみません気持ち悪いです。

 

母・美都子博士が(ステイシーの手引きで)目覚めて異世界ゲートで脱走。イジルデを「チョワー!」と突き飛ばすあの母にしてこの子あり。その情報が介人たちにも寄せられ、来週は母ちゃんを探す大冒険という、重要シリアスな中にもカオスチュンな展開が待っているようです。

 

 


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村